任意売却すべきか

更新情報・お知らせ

2017/3/10
サイトレイアウトデザイン変更NEW
2016/6/12
レスポンシブ対応化
2015/103
サイトマップデザイン変更
2015/2/10
任意売却専門のページ追加
2014/6/24
セカンドページ追加
2014/5/7
トップページ更新
2013/6/27
ホームページ開設

滞納が始まったら任意売却を考える

任意売却をする事が正解?

一般の方で、任意売却といってピンとくる方は、なかなかいないと思いますが、不動産業者や弁護士、 銀行の住宅ローン担当者、住宅ローン滞納者の方々なら良く知っていると思われます。

では、任意売却とはどんな事を指すのでしょう。任意売却の定義として、先ず絶対に欠かせないのが 住宅ローンです。

競売の申立の家

レアなケースとして不動産担保ローンの借入れもありますが、この場合は借入れ時に不動産価値の6割~7割ま でしか貸し入れ出来ないので、住宅ローンのようにオーバーローン(不動産価値よりも借り入れ額が多い) になる可能性が少ないのです。

さらに住宅ローンを毎月、又はボーナスを含め通常どおり支払いをしている場合は全く関係が無いので、 住宅ローンの滞納が無い方も関係が無い事です。

住宅ローンを滞納すれば全ての人が任意売却をする訳ではなく、1ヶ月滞納したからと言って気にする必 要はありません。

ただ、個人信用情報は気にした方がいいでしょう。

何ヶ月住宅ローンを滞納すると任意売却を考えなければいけないのか?

個人情報機関

それは単純に何ヶ月とは決まっていません。

借入れ先によっても違いますし、あくまで不動産の売却なので、購入者がいなくては成立しないのです。

基本的に銀行系だと3ヶ月滞納・住宅金融支援機構で6ヶ月滞納すると競売の申立てをされると言われています。

また、住宅ローンの契約時保証会社と契約している場合は、一定の期日を過ぎると金融機関に対し保証 会社が残金を一括で立替払いをし、代わりに立替金の一括請求をしてくることとなります。

この時点で分割での支払いは不可能となり、競売か任意売却か一括返済かの選択をしなければなりません。

競売は自分が選ばずとも強制的に進むので選択するとは言い難いです。

任意売却を選択した場合はまず、債権者に承諾を得た上で、不動産を売りに出すのです。

しかし、希望の条件で買い手がつかなければ値段を下げるしかなくなります。

それでも買い手がつかず債権者が承諾出来ない金額になってしまうと、任意売却は断念せざるを得ず後は競 売を待つのみになります。

一番理想的なのが、親戚や友人知人に借入れをし一括で支払いが出来ることです

しかし、ほとんどの方が頼めるところには既に頼み用立ててもらい支払ってきた上での結果で、今さら残債 務全額を借りれる訳が無いのです。

そうなると、住宅ローンを長期滞納し借入れ先から分割の支払いを拒絶された場合は、任意売却の相談も あるので試みてみることが最善の方法です。

不動産購入後

もうここまできたら 任意売却できれいに終わらせよう !未練たらたらじゃ先に進めない!